閉じる

プラチナムリッチ基礎3点セットを
ご購入のみなさまに
和柄ふろしきをプレゼント!

既に3点定期コースをお申込みの方で
1月・2月お届けの方にもプレゼントいたします。

ここでは素敵な「花包み」の包み方と
「ブックカバー」の作り方をご紹介します。

他にもアレンジ次第で色々幅が広がる風呂敷。
ぜひ色々アレンジしてご活用ください。

<キャンペーン期間>
2019年2月28日(木)17:00まで

 *17:00までのご注文完了が対象です* 

 小山田 千鶴 監修 

なんでも包むことができる
魔法の布「ふろしき」

一枚の布で、包む、結ぶ、敷く、覆う…と
様々な用途に使える「風呂敷」。

魔法の「風呂敷」は、あなたの世界を広げてくれます!

風呂敷アレンジ「花包み」

花包み

まるで花が咲いたよう…
手土産を華やかに彩ります。

チョコやクッキーなどを包んで。

花包みの包み方

風呂敷を裏返しにして広げ、包む物を中央に置きます。
上下を持ちあげて合わせます。
根元を握り、左右を後方から交差させて前方に持っていきます。
左右が同じ長さになるように整えます。
左右を根元に巻き付け、手前で真結びをします。
上下を前後に開きます(この時、裏地が見えるように)。中央にできた穴を確認します。
上下の先端5センチ位をつまみ、穴に片方ずつ差し込みます。
差し込んだ先端を少し覗かせ、[しべ]に見立てます。花びらの形を整えて完成。

むすびとは

「真結び」は一度結べば解けにくく、解きたいときはスムーズに解ける結び方です。

風呂敷アレンジ「ブックカバー」

ブックカバー

小風呂敷(幅50センチ位)で、
文庫本から単行本を包めます。

季節にマッチした色柄で楽しんでください。

ブックカバーの作り方

風呂敷を裏返しにして広げ、本の大きさに合うように上部を折り曲げます。
下部も本に合わせ折り曲げます。
折った風呂敷を裏返し、本の背表紙が中心にくるように立てておきます。
本の片方の表紙を左に倒して、表紙のサイズに合わせて折った袋部分に差し込みます。
本のもう片方の表紙もサイズを合わせて折った袋部分に差し込みます。
完成です。ポケットになった部分には、しおりを入れることもできます。

風呂敷は暮らしを楽しむ魔法

風呂敷という名前の由来

1000年以上も昔から存在している風呂敷。奈良時代は天皇のぎょぶつを保管するための布でした。時代を経る中で「ころも包み」や「ひら包み」と名称も変わっていきます。
「風呂敷」という名前が定着したのは、銭湯が普及した江戸時代です。洗面道具を包み、床に敷いて身繕いをするための道具として愛用されました。

明治時代から大量生産されるようになった風呂敷は、日本人の生活必需品として欠かせないものになり、昭和30年代の各家庭が所有する風呂敷の平均枚数は20枚もあったそうです。

シンプルだからこそ多機能

風呂敷が廃れることなく今日まで継承されている理由はなぜでしょうか?それは形状が「シンプル」だから。四角い一枚の布に「工夫」を加えることで、使い方は無限大に広がります。シンプルだからこそ、多機能な道具に変身する風呂敷には、日本人の細やかな知恵がたくさん詰まっています。

風呂敷は暮らしを楽しむ魔法

使用した風呂敷は畳んで持ち帰るのが基本ですが、「ラッピング」として風呂敷包みごと贈る方法も最近は増えてまいりました。今回ご紹介しました「花包み」や「ブックカバー」はまさにそれ!

お菓子や本をプレゼントする時に、一手間かけた風呂敷包みにしてみませんか?印象的なプレゼントシーンになること間違いなし。風呂敷の魔法で、暮らしを楽しんでくださいね。

プロフィール

小山田 千鶴

フロシキスタイル主宰
風呂敷のレクチャーやイベントの企画、親子教室、学生向けの講座、企業団体の研修会を実施。

フロシキスタイル
http://furoshiki-style.jp

今ならプラチナムリッチ基礎3点セットを
ご購入のみなさまに
和柄ふろしきをプレゼント!

既に3点定期コースをお申込みの方で
1月・2月お届けの方にもプレゼントいたします。

<キャンペーン期間>
2019年2月28日(木)17:00まで

 *17:00までのご注文完了が対象です*